2020年度会員募集

12/13(土)/ワークショップが3倍楽しくなるヨガ英語ワークショップ:基礎編

こんにちは。UTLです。
ワークショップが3倍楽しくなるヨガ英語ワークショップ:基礎編

外国人の講師の方のヨガの授業を受けたり、ワークショップを受けたりする時に、
通訳なしで受けてみたいな?と思われたことはありませんか? 
外国人の先生方とのコミュニケーションを取る際、
「これって英語でどうやって言えばいいのだろうか?」って思うことありませんか?
そんな悩みが解消できる講座です。

【日程】
12月13日(土)14:00~16:00
【対象】
英語初心者~中級者
【価格】
4,500円
【場所】
アンダー・ザ・ライト ヨガスクール
【申込方法】
ワークショップ予約サイトから申込ください。
http://shop.utl.me/

【内容】

外国人の講師の方のヨガの授業を受けたり、ワークショップを受けたりする時に、
通訳なしで受けてみたいな?と思われたことはありませんか? 
外国人の先生方とのコミュニケーションを取る際、
「これって英語でどうやって言えばいいのだろうか?」って思うことありませんか?
そんな悩みが解消できる講座です。
今まで多くのワークショップ通訳をしてきた中で、本当にたくさんの方から
「どうやって勉強したらいいのかわからない」という声を聞いてきました。
確かにヨガ独特のフレーズの使い方や、いい回しもあり、
これらを網羅する本も、ヨガ英単語集も売っていません。
そこで、今回の講座では、ヨガでよく使用する体のパーツの英単語や、
アサナについての英語フレーズを勉強します。
実際に体を動かしながら覚えていけるので、即効性があると思います。
英語力に自信がない方も、気軽に受けてみて下さい。通訳さんの力を借りずに、
ワークショップを理解できるようになるはずです。
また、先生方とコミュニケーションすることが少し楽になったり、
新しい発見があるかもしれません! 
ヨガ通訳をこれから目指そうという方も、基礎固めにどうぞ!
 
 
・ 英語でヨガ歴などの自己紹介の仕方を学びます。
・ 簡単な体のパーツの言い方を学びます。
・ アサナについての具体的な英語のフレーズを学びます。 
・ 実際に、勉強したフレーズが出てくるアサナの指示をこちら側が英語で行いますので、
耳だけで聞いてもらって、やってもらいます。
・ 最後にQ&Aを行います。
注:1)実際に今、現場に出てもらっているヨガ通訳の方達も同席するので、
現場の人の答えも聞く事ができます。
注:2)実際に簡単なポーズを取ったりするので、ヨガ・ウェアでなくてもいいのですが、
動ける格好をしてきて下さい。


【講師プロフィール】
hitomi
Hitomi
小学校、中学校をグアム島で過ごす。高校、大学を日本で卒業。1988年より某音楽出版社勤務。90年より、フリーの通訳に。主に来日した海外アーティストが、テレビ、ラジオに出演したり、雑誌で取材を受ける際の通訳を担当。
2004年、病気で仕事を中断している間に、軽い気持ちで友人と立ち上げたヨガ・プロジェクトが予想外の好評で、レギュラー・クラスやあらゆるヨガのワークショップのオーガナイズをすることに。2007年4月から新たなヨガワークショップ専門プロジェクトであるSAKURA YOGAを主催。
現在では、本業の通訳の仕事をこなしながら、ヨガワークショップのオーガナイジング、そして練習に日々励む毎日。
担当した主なアーティスト:
スティーヴィー・ワンダー、ノラ・ジョーンズ、バックストリート・ボーイズ、アブリル・ラヴィーン、リチャード・カーペンター、TLC、ジャスティン・ティンバーレイク、ホイットニー・ヒューストン、アース・ウィンド・アンド・ファイアー、ブリトニー・スピアズ、クリスティーナ・アギレラ、ヴァネッサ・ウィリアムズ、マルーン5、ジェリー・ロぺス、他多数。
翻訳書:
ジンジャー・ロジャース自伝』 (ジンジャー・ロジャーズ著/キネマ旬報社)、
プリンス〔1958‐1994〕』(ジョン・ディフィ著/宝島社)、
他。
»ヨガワークショップ・ヨガリトリートのSAKURA YOGA