2020年度会員募集

MS、エネルギー消費量とCO2排出量を算定する「Dynamics AX」向けアドオンを発表 – ソフトウ – ZDNet Japan#Message-complete

企業や家庭の省エネ対策の第1段階は、データを把握することです。
僕も仕事ではTEC値からエネルギー消費量とCO2排出量を算定してクライアントに提案をすることが多いのですが、そんな計算しなくても各公益事業体のメーターから直接データを取り込め機器ごとのエネルギー消費量とCO2排出量が算定できるような風に近い将来なるような気がします。
リンク: MS、エネルギー消費量とCO2排出量を算定する「Dynamics AX」向けアドオンを発表 – ソフトウ – ZDNet Japan#Message-complete.

Microsoftは米国時間2月9日、「Microsoft Dynamics AX」のアドオンとして、中規模の企業がエネルギー消費量に関するデータを収集分析して、環境への影響を算定できるようにするビジネスアプリケーション「Environmental Sustainability Dashboard」をリリースした。
同アドオンを利用して、電気、ガス、水道料金の情報を入力すると、ソフトウェアが過去の傾向を読み出し、温室効果ガスの排出量を算定する。