なごや環境大学講座「ロハスな食材で味噌作り」開催しました

Nayoga05miso02
昨日は、NaYOGA & なごや環境大学講座
「人に地球にやさしい!センスのいい暮らし方」
第5回「ロハスな食材で味噌作り」をBioSaiSaiさんで、開催しました。


講師は、南信州の桑の実塾などで味噌講座も教えていらっしゃる
「吉田弓」さん。
南信州で、ほぼ自給自足の暮らしをされている弓さん。
見習いたいことがいっぱいです。
やりたいことを実践されているけれど、肩肘張った感じはまったくなく、
自然体で素敵な方でした。
Nayoga05miso01
さて、講座は、麹と塩を混ぜ合わすところから始まりました。
みなさん、麹そのものを目にするのは初めてのかたばかり。
「麹ってどうやってできるの~?」
「米みたいっ」←(こめ麹ですから当たり前)
「どこで売っているの?」
「これでちゃんと混ざってる?」
といろいろな声が飛び出していました^^。
私自身も、生の米麹をみたのも触るのも初めて。
とても気持ちよかったです。
さて、今回一番大変な作業に入ります。
Nayoga05miso03
ずばり、ゆでた大豆をつぶすこと!!
ビニール袋にいれて、すりこぎでたたいてつぶします。
すりこぎの大きさでつぶれ具合も違って、いろいろ試している方もちらほら。
最後の工程は、塩と麹を混ぜたものと、つぶした大豆をよ~く混ぜます
ひたすら混ぜます。
Nayoga05miso04
できあがり!
あとは皆さん約2キロづつビニール袋に入れてお持ち帰り。
お家でタッパーなどに入れて保存、熟成させていただきます。
「すごい、簡単!」とみなさん驚かれていました。
味噌づくりって、材料さえ揃えたら、簡単なんですよね。
見本用のものに、
皆さんに、1玉づつ、容器に投げ入れてもらい、
塩で蓋をしました。
Nayoga05miso06
出来上がりは9月ごろ。
天地返しもまったく必要ないとの事。
今回使ったのは、東海テレビのa lifeで登場していた宮本農園の無農薬大豆です。
豆を皆さん味見をしてもらいましたが、
「味がしっかりしているね~」という声でした。
さてさて、どんなお味噌が出来上がるのか、本当にたのしみです。